2年ぶりの新刊です

今日は午前中は荒れたお天気で 風がごーごーと晴れたり
雨が降ったりと忙しい空でしたが
午後からは風が強いものの晴れて冬らしい空です。
室温   11.6℃   湿度   61%



先日愛読書の平岩弓枝著 「御宿かわせみ」シリーズの新刊

      「千春の婚礼」新御宿かわせみ が出ました

約2年ぶりです。

約40年も前から続いてるシリーズで

江戸時代同心の娘「るい」が父の死後同心株を売り大川端に「かわせみ」という宿を構えます

宿の使用人やるいさんに関わる人たちと市井の事件を解決する

人情捕り物帳です。

「新御宿かわせみ」はるいさんの子供たちの時代(明治維新後)を描いて

維新後の庶民の生活が垣間見られ興味深いものがあります。

幕末から維新の時代の一般の人々の暮らしなどを描いたものはあまりなく

意外に庶民は内戦とはかかわらず普通にたくましく生きていたんだなーと感じました。




平岩弓枝さんももう80歳を超えての執筆なので

なかなか筆が進まないのでしょうが読者としては待たれます。

こんなことを言っては申し訳ないのですが

シリーズ物の途中打ち切りはストレスになります。

長い間のファンとしては作中の人物も家族のようになっているので

行く末を見届けたい

月刊誌の掲載が止まると もしや。。。 と

心配になって、同じファンの従妹とこっそりと話しています。



平岩さんの著書は若いころほとんど読んでいて

江戸っ子らしく切れのいい女性を描かれ

読後は気持ちの良いものでした。

テレビドラマも「肝っ玉かあさん」「ありがとうな」「女とみそ汁」などなど

他にも多くのドラマになっています

思い出せば懐かしい!!

 



                (=^・^=)   (=^・^=)   (=^・^=)
                     いつかはぼくも大人買い   
                          ではなく  
                    大人食いをしてみたいにゃん
c0328559_16285118.jpg

c0328559_1629874.jpg

                    幸せだ にゃ~~ん
c0328559_1629167.jpg

                      ありゃ ダメ?
c0328559_16293454.jpg

Commented by Obi-runomuyo at 2015-01-18 10:02
平岩弓枝さん、80歳を超えてるんですね
思わず、自分の母(82歳)と比べてしまいます(>_<)
やはり作家さんなど普段から脳みそ活用して現役バリバリの方は違いますね。
最近は認知症のお年寄りによる交通事故の話題が次々にあり、自分は認知症になるタイプだなとか思っていたところ…
(だって、5人に1人は認知症とか?)
脳みそ使わねば(汗)

ふーちゃん、オトナ食いはダメだにゃ~ん(@^◇^@)
Commented by jan113fuzi at 2015-01-18 18:08
Obi-runomuyoさま
脳みそは使いましょうと 思います。
5人に1人 厳しいねー

私の方が直近でございます~ぅ(-_-;)

ちょこっと夢を見させてあげました ふふっ
名前
URL
削除用パスワード
by jan113fuzi | 2015-01-17 16:47 | 読書 | Comments(2)